本文へスキップ
津法律事務所
0120-764-110

 弁護士の紹介

 弁護士 喜多正達
   三重弁護士会 日本弁護士連合会会員

1989年
司法試験合格
1999年
三重弁護士会副会長 中部弁護士会連合会理事
2003年
HP「交通事故被害者家族相談室」を開設
主業務
交通事故(被害者側)の相談・示談・裁判
事務所
津法律事務所  
〒514-0064 三重県津市長岡町3060-6
0120-764-110    

 Q&A


Q.保険会社により相談できないことがありますか。

A.ありません。保険会社の顧問や代理はしていません。

Q.解決方針は何ですか。

A.事故の真相を探求し,加害者の一方的な主張は許しません。

Q.相談と依頼の時期はいつが良いですか。

A.早期の相談が安心です。証拠の収集と保全は時間がたつほど困難になります。刑事記録は民事賠償の重要な証拠ですが,その作成過程に,ほとんど被害者はかかわれません。被害者側の意見上申等が必要な場合があります。

Q.相談の対象と方法

A.死亡と後遺症の被害者に限ります。相談方法は電話,面接,ライン,フォームです。

Q.相談の予約

A.電話でお願いします。電話受付の際に相談日時を調整します。即日,相談可能な場合もあります。

Q.事件の依頼

A.相談の際に弁護士費用等の説明をします。ご検討の上で,ご依頼ください。

Q.弁護士費用について

A.弁護士費用 ご覧ください。弁護士費用特約(保険)を使用できます。

Q.相談するかを迷っています

A.保険会社提示の示談金は非常に低額です。示談交渉・訴訟で増額できる場合がほとんどです。相談は無料です。お気軽に相談ください。

Q.示談交渉や訴訟で必要な書類の例を教えてください

A.・事故の特定(交通事故証明書)・傷病名と後遺障害・死亡(診断書,後遺障害診断書,後遺障害等級認定票,または死亡診断書,葬儀費用の見積書と領収書)・治療費・入院日数・通院期間(診療報酬明細書,書類またはメモ)・事故前の収入の証明(給料明細書,源泉徴収票,所得証明書など)・事故態様(刑事記録・実況見分調書・図面や写真など)・加害者の任意保険の担当者など(書類またはメモ)・示談交渉の経過(相手方提出書類,計算書,交渉過程のメモなど)・ご自分の保険の内容(保険証書・弁護士費用特約・人身傷害特約など)・その他,事故に関係のある書類や領収書等

バナースペース

津法律事務所 弁護士喜多正達
〒514-0064 三重県津市長岡町3060-6
0120-764-110   

ナビゲーション

             LINE 相談
        LINE相談